fbpx
AboutShopeeについて

Start越境ECを始める

Interviewセラー事例 Contentsお役立ち情報 Researchリサーチ

Newsお知らせ

Partnersパートナー紹介 ShopeeAds


facebookのロゴ画像です YouTubeのロゴ画像です Twitterのロゴ画像です

ヘルプページ

アカウント申請はコチラ

Resources

Column

コラム

Articles

コラム

Shopeeの梱包ガイドラインと海外発送における注意点

2024.05.17


Shopeeの梱包ガイドラインと海外発送における注意点

 

 

海外発送では梱包が大切です。なぜなら、お客様に届くまでの配送日数は国内配送より長く、さまざまな業者を経由しながら長距離を移動するからです。

 

東南アジア・台湾向けの越境ECプラットフォームShopeeでは、独自の梱包ガイドラインを設けています。本記事では海外発送における注意点とともに、Shopeeセラーに守っていただきたい梱包ガイドラインをお伝えします。

 

▷▷ Shopeeでアカウント申請してみる!

 

 

 

 

なぜ梱包が大事?Shopee梱包ガイドラインについて

越境EC販売において、なぜ梱包が大事なのでしょうか?

越境ECに限らず、国内・海外向けすべてのEC販売で言えることですが、商品を購入したお客様が初めて実物を手にした時に目に入るのが梱包です。EC上ではイメージがよかった商品が、ボロボロの梱包で届いたらどんな気持ちになるでしょうか?

販売員や実店舗を持たないEC販売では、配送や梱包が販売員が果たしていた役割の代わりとなります。梱包はお客様への「ファーストコンタクト」であることを忘れずに。

次に、梱包の大切な役割として挙げられるのは「商品保護」としての役割です。越境ECでは海外へ商品を配送するため、国内配送と比べて長距離を移動します。また、島国である日本では、輸出の際に航空機や船を使って海外に荷物を運ばなければいけません。

海外の配送先に貨物が届くまでに、様々な業者を経由しながら運ばれるのが越境ECの特徴です。長距離・長時間の移動でも商品がダメージを受けないように、しっかりと梱包する必要があります。

また、商品が破損して届いた場合、お客様からの返品や返金リクエストの可能性が高まり、セラーのショップに悪影響を及ぼすことがあります。

Shopeeでは、こうしたリスクを最小限にとどめるために独自の梱包ガイドラインを設けています。

 

 

 

Shopee梱包ガイドライン

ここからは、Shopeeの梱包ガイドラインです。

Shopeeを通じて商品が売れた後、下記のガイドラインに従って商品を梱包してください。

 

発送の際は梱包資材などを使い、必ず丁寧な梱包を心がけてください。

ガイドラインを遵守できない場合はセラーの自己責任となり、Shopeeによる売上金などの補償はいたしかねます。予めご了承ください。

 

 

ステップ1:内側の梱包(商品を保護)

① 輸送中のダメージを避ける(緩衝材などの利用)

輸送中のダメージを避けるために、エアー緩衝材・クラフト緩衝材・シュリンクラップ等を用いて、商品をしっかり包み、輸送箱との空間を隙間なく埋めてください。商品は緩衝材で二重に巻いてください。

特に壊れやすい部分は、巻く回数が多ければ多いほど、外部からの衝撃が軽減されます。国際輸送に適した耐久性・耐水性・梱包密度を考慮した資材をご使用ください。

 

② 商品サイズに合わせた外箱・パッケージを選ぶ

商品を梱包する際は、輸送中の破損を防ぐため商品のサイズに合わせた外箱・パッケージを使って梱包してください。

商品に対して梱包の外箱が大きすぎると、輸送中に外箱の中で商品が揺れやすく、その衝撃で商品が破損するといったケースが多発しています。セラーが選択した梱包の規格が合っていないために商品が破損した場合、Shopee Japanでは補償ができかねます。予めご了承ください。

また、商品が破損して届いた場合、購入者からの返品や返金リクエストの可能性が高まります。

こうしたリスクを防ぐため、商品のサイズに合った適切な外箱のご使用をお願いします。特に、下記に挙げる壊れやすい商品や液体を含む商品の場合、十分な緩衝材の使用や液漏れ防止対策をしてください。

 

③ 食品、飲料、化粧品など液体を含む商品の梱包

対象商品:

  • 食品、飲料、化粧品などのクリーム・ジェルなど液体を含む商品

 

液体を含む商品は、配送中に航空機の気圧変化や振動により、液漏れする懸念があります。「液体」「液体に近いもの」「環境によって液体に変化する可能性があるもの」はすべて、梱包内で液漏れを起こさないように必ずビニールに入れてください。その後、段ボール等で梱包してください。

なお、液体を伴う商品で、ガラス製やセラミック製、あるいはペットボトルや瓶に入った商品(シャンプーなど)の梱包には、さらに注意が必要です。下記の手順で丁寧に梱包してください。

 

1. ビニールやフィルムで密封し液漏れ対策をする。

2. 容器のダメージや破裂を防止するために、クッション性の高い緩衝材を用いて適切に保護する。

3. 厚みがある段ボールを外箱として使用してください。これらの商品の梱包には、クッション封筒や宅配用ビニール袋等は適していません。

 

④ 壊れやすい商品

対象商品:

  • ガラスやセラミックなど壊れやすい商品
  • キズやへこみが発生しやすい商品(ボード類、家具、電子製品、キッチン用品、家庭用品など)

壊れやすい商品、キズやへこみが発生しやすい商品は、配送中の揺れで破損しないように注意が必要です。

 

 

① 外箱と商品の隙間を緩衝材で埋める

バラ緩衝材やエアー緩衝材などを商品と外箱の間の隙間に詰め、輸送中に商品が動かないように梱包します。

 

② 取っ手が外れる可能性がある商品

フライパン、鍋、台所用品など、取っ手が配送途中に外れる可能性のある商品は、取っ手が動かないようにエア緩衝材で包んで、しっかり固定してください。

 

 

ステップ2:外側の梱包(外箱など)

① 商品サイズに合った外箱・パッケージを選ぶ

商品サイズと外箱・パッケージのサイズが合っていないと(特に外箱が大きすぎる場合)、輸送中に外箱の中で商品が揺れやすく、衝撃で商品が破損しやすくなります。

商品サイズに合った外箱・パッケージを選ぶようにしてください。

出典:https://shopee.jp/edu/article/12338

 

② 商品発送用の梱包材

商品発送用の梱包材は、段ボール、クッション封筒、厚手の宅配用ビニール袋などをご使用下さい。特に、配送中の揺れや振動に弱く壊れやすい商品には、強度の強い段ボールを使用することが原則となります。

商品配送用の梱包材(外箱)において、すでに一度利用された段ボールなどを再利用することは控えてください。一度利用された段ボールなどは、前回の利用ですでにキズやダメージがついている場合があります。長距離を移動する国際配送には耐えられず、外箱の強度の弱さが原因で商品にダメージが入ってしまう可能性があります。

また、外側の梱包材に他サイトの社名が記載された梱包材を利用しないでください。他サイトの記載がある場合、購入者がShopeeの荷物だと気づかずに、受け取りの確認が遅れ、セラーへの入金が遅れる可能性があります。

 

 

ステップ3:SLS利用時、国内発送のための梱包

① SLSでの国内配送先に発送する場合

ステップ2までの梱包が終わったら、商品発送用の梱包にラストマイルラベル*注を貼り付けます。その荷物をさらに国内配送用の梱包材(段ボールまたはビニール)に入れて二重梱包し、発送期限までにShopee指定の国内配送先に発送してください。

*注:ラストマイルラベル:SLS発送時の送り状です。

ラストマイルラベルの貼付ガイドライン(こちら)も併せてご覧ください。

 

【ラストマイルラベルの貼付けNG例】

印刷したラベルを透明のパウチに封入し、箱に貼り付けて出荷した場合、Shopeeの日本倉庫では受託できません。セラー負担で返品となります。詳細はこちら

【誤ったラストマイルラベルの貼り方の例】

  • ラベルの印刷が鮮明でない
  • ラベルが黒以外の色で印字されている(倉庫でスキャンできません)
  • ラベルが破損している
  • 梱包の問題でバーコードが読み取れない
  • ラストマイルラベルの上に、宅配便ラベルが重ねて貼られている
  • ラベルのバーコード印刷が完全でない
  • ラベルサイズが誤っている
  • ラベルが貼付されていない
  • ShopeeのSLSオーダーでない(SLS以外の配送チャネルなど)
  • 複製されたラベルが貼付されている


出典:https://shopee.jp/edu/article/12338

(NG例)二重梱包をせず、国内配送用の送り状がラストマイルラベルの上に貼られている場合は、セラー負担での返品対象となります。

 

 

② 出荷するオーダーが1個の場合の注意点

出荷するオーダーが1個の場合でも、二重包装が必要です。ラストマイルラベルと国内配送用の送り状は必ず分けて貼り付けてください。

商品発送用の梱包にラストマイルラベルを貼り付け、段ボールや袋による二重梱包をした後に、外装に配送会社の送り状を貼り付けてください。

二重梱包をせず国内配送用の送り状とラストマイルラベルが同一の外装となっている場合、倉庫でバーコードスキャンができず、返品・キャンセルの対象となりますのでご注意ください。


出典:https://shopee.jp/edu/article/12338

 

③ 出荷するオーダーが複数個の場合


出典:https://shopee.jp/edu/article/12338

複数個のオーダーをまとめて国内倉庫に送る場合も、箱や袋による二重梱包をしてください。出荷するオーダーの荷物を1つの段ボール箱にまとめて入れ、外装に配送会社の送り状を貼り付けてください。

複数個一梱包(複数のオーダーを1つの国内配送用の梱包材にまとめて出荷する)方法については、こちらの佐川急便の資料をご参照ください。


出典:https://shopee.jp/edu/article/12338

外箱との間に隙間ができる場合は、緩衝材を詰めて輸送中のダメージを防ぎましょう。

 

 

 

要注意!NGな梱包例

以下の梱包例は、購入者に荷物が正しく届かなかったり、不快感を与える可能性があります。また、倉庫でのスキャンが上手くできない可能性があるため、お控えください。

 

  • ラベルがハサミで切られておらず、手でちぎって貼られている。
  • 茶封筒での発送。(茶封筒は強度が弱く、湿気にも弱いため国際配送に適していません。内容物の重さや輸送途中の湿気に耐えられず、破れる可能性があります。)
  • SLSラストマイルラベルのバーコードが曲がった状態で貼られている(ラベルのバーコードが平らでない場合、倉庫でバーコードをスキャンできません。荷物が小さくラベルがはみ出してしまう場合は、少し大きめのサイズの梱包材を選びラベルを貼ってください。)
  • SLSラストマイルラベルのサイズが小さすぎる・大きすぎる(倉庫でスキャンができない可能性があるため、避けてください。)

 

 

SLS利用時の注意点

SLSを利用して発送される全てのオーダーは、Shopeeの国内倉庫にて発送処理を行います。

受け入れたオーダーに際し、倉庫スタッフが梱包箱の荷姿や検量などの確認を行います。万が一、梱包に異物(虫、金属片、毛髪等の不衛生感をもたらすもの)の付着を確認した場合、購入者からのクレームに直結すると判断します。その場合は、セラーに着払いで返品(返送費用はセラー負担)となりますので、ご注意ください。

 

合わせて読みたい

 

 

 

 

梱包前に必ずチェック、Shopee梱包における注意点

① 海外発送における注意点

商品を発送する際は、梱包資材などで必ず丁寧な梱包を心がけてください。

商品と輸送箱のダメージを防ぐために、上記のShopee梱包ガイドラインに従ってください。

ガイドラインが守られていない場合はセラーの自己責任となり、Shopeeによる売上金の補償はいたしかねますので、予めご了承ください。

 

② 請求重量についての注意点

送料は、1つの梱包(オーダーID)に対してのShopeeの国内倉庫での計量を元に、実重量での請求になります。計量対象は以下を含みます。

  1. 実際の商品:セラーが発送する商品
  2. 梱包材:セラーが商品を梱包するために使用した材料(例:段ボール、袋、梱包用テープなど)
  3. その他の一緒に梱包される付属品(例:緩衝材、プラスチックフォーム、エアラップなど)

 

実際の例:

① 0.2kg(200g)の商品を発送する場合

出典:https://shopee.jp/edu/article/12338

 

② オーダーAに複数の商品が含まれている場合

倉庫の計量結果は以下のようになります:


出典:https://shopee.jp/edu/article/12338

このように倉庫での最終的な計量重量とセラーの推定測定重量が異なる可能性があることをご留意ください。送料の確認方法は、こちらをご確認ください。

 

商品のサイズに合った梱包

商品を梱包する際は、輸送中の破損を防ぐため、商品のサイズに応じて、なるべく商品同士の隙間が生まれないサイズの梱包資材(ダンボールなど)を選びましょう。

 

 

 

梱包ガイドラインを守り、お客様に喜ばれるEC運営を

以上、Shopeeにおける梱包ガイドラインでした。

配送距離も長く、様々な業者の手を渡ってお客様に商品が届く越境EC。梱包ガイドラインを守って、お客様に喜ばれるEC運営を心がけましょう。

 

 

合わせて読みたい

 

合わせて読みたい

 

 

Shopeeは東南アジア・台湾で、最大規模のEコマースプラットフォームです。

日本からシンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、台湾の5カ国に出店可能です。

東南アジアに向けた越境ECについては、Shopee Japan(ショッピージャパン)にご相談ください。

5分でわかる

今すぐ出店したい方

この記事を書いた人

Sakurai画像

Natsuko Sakurai

2拠点生活フリーランス。ロンドン、オランダ、スペイン 3ヵ国での在住や現地企業での勤務経験があり、帰国後も海外ビジネスに関わり続けています。コロナ禍をきっかけに、海外にしかオフィスのない現地企業との国際リモートワークが始まったりと、たえず働き方は進化中。

新着記事

人気記事

◀︎ Column TOP
ページTOP